今日は七十二候の「雷乃発声」

カテゴリ:歳時記

雷稲妻


朝晩はちょっと冷や冷やとしますが、日中はわりと暖かくなりました。しかし、今年は少し例年よりも肌寒く感じます。少し体調管理が難しい今日この頃です。

今日は七十二候の「雷乃発声」です

ものの本によりますと、この候は「かみなりこえをはっす」と読むそうですが、別に「かみなりすなわちこえをはっす」とも読むそうです。

意味としては

春の訪れを春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃。

冬眠中の虫を穴から誘い出す「虫出しの雷」ともいわれる。

「春雷」という言葉がありますが、それが鳴り始める頃だそうです。

「春雷」

「春雷」は、だいたい3月から5月にかけて発生する雷を指すようです。この頃は気圧配置が周期的に入れ替わるため、上空を寒冷前線がよく通過していきます。

雷は、基本的に上空の冷たい空気に向けて、暖かい空気が上昇することによってぶつかり合い、大気の状態が非常に不安定になったときに発生します。

夏の雷が、太陽の光によって暖められた地上付近の空気が上昇し、上空の冷たい空気とぶつかり合って発生するのに対し、春の雷は寒冷前線が通過する(つまり進行するあたり)付近の、空気の強い上昇によって発生するという違いがあります。

また、この時期の雷は夏のそれと違い、あまり長く続いたりしないようです。そのことから「春の雷は、恵みの雨を呼ぶ」として、もよい兆しとされてきたとか。

しかし、実際のところは前線の通過の際に積乱雲が発達して、雹(ひょう)を降らせたりして農作物に深刻な被害を与えることもあるようなので、要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL:
http://yodohimejinja.com/2017/03/30/7911/trackback