「熱中症」が怖いわけ

カテゴリ:よもやま話

熱中症にお気をつけて夏といえば蚊取りぶた


毎日暑い日が続いています。今年は例年になく蒸し暑く感じますね。

皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。

ここ数日、わたしはというと「熱中症」になりかけました。なんとか倒れずに済みましたが、ちょっと怖い思いをしました。

たしか去年も同じことになったような気がします。

なので、今回は熱中症のお話です(`・ω・´)

これ、去年も同じことをかいていますね。でも、おさらいです。

おさらいなのです!(`・ω・´)

気温と湿度が高いと、熱中症になりやすくなります

蒸し暑く感じるということは、それだけ空気中に含まれる水蒸気の量、いわゆる湿度が高いということです。つまり、蒸し暑い=気温が高くて湿度が高い状態ですね。

湿度が高いと、汗が乾きにくくなります。汗は、体温のコントロールにとって大切な役割を担っています。

水分が蒸発するとき、「気化熱」によって温度が下がります。汗には、この気化熱を利用して体温を下げる役割があります。

汗が乾きにくくなり、体温を下げることが難しくなります。

体内の熱を放出しようと体の方はどんどんと汗を噴き出させます。しかし、汗が乾かないので、体の表面温度は下がりません。

しかし、皮膚血管はとにかく熱を放出しようと拡張してしまいます。血管が拡張すると、血圧は下がります。これにより、脳にうまく血液が巡らなくって酸素が行き渡らなくなり、「めまい」や「立ちくらみ」などの症状が出ます。ひどいときは意識を失い失神をしてしまいます。

いわゆる「熱失神」という状態です。

これは熱中症の初期段階です。

水分の摂取だけではだめなのです

汗は、血液から作られます。血液にはミネラル分が多く含まれています。人間の体が熱を持って、汗をかこうとする際に、血液から水分とミネラル分が出てしまいます。しかし、よくできたもので、「汗をかく前」にこのミネラル分は体の中に再吸収されます。なので、汗をかいただけでは熱中症になりません。

熱中症になるときは、体温の上昇により自律神経がうまく機能しなくなっています。つまり、体温調節機能がうまく働かなくなります。

正常な状態であれば行われる「ミネラル分の再吸収」ができなくなり、汗とともにミネラル分まで体外に排出されます。血液中のミネラル分が足りなくなると、体に不具合が起こります。

大量に汗をかけばかくほど、血液中のミネラル分、特にナトリウム分の濃度が低下します。

このナトリウム分は主に塩分です。汗をかいたとき、ちょっとなめてみるとしょっぱい味がします。それはナトリウム分の味です。

熱中症対策で「塩飴」などがおすすめされている理由は、ナトリウム分の補給という意味があるのです。

そんなときに水分だけを摂取するとどうなるか。

さて、もしもそういうときに「水分だけを摂ったらどうなるか」ですが。だんだんと深刻な状態になっていきます。

人間の体は、ナトリウム分(つまり塩分)の濃度が下がりすぎないようにと、あれやこれやと対策を打ってきます。

この状態で「水分だけ」を補給すると、それはそのまま体外へ排出されます。この時おこるのが、「大量発汗」です。血液中の塩分濃度をこれ以上下げないために、どんどんと汗(またはおしっこ)として排出しようとします。

つまり「水分は摂っているのに脱水症状になる」ということになります。

また、この状態まで進むと「水を飲むと気持ち悪くなる」という症状まで現れます。体がこれ以上の水分補給をいやがってしまうのです。これは「自発的脱水」と呼ばれています。

この状態になると、今度は筋肉に異変が起き始める場合もあります。足やおなかの筋肉が痛み出したりけいれんを起こしたりします。それまで維持されていた筋肉の収縮という調整機能がうまく働かなくなり、このような症状が出ます。いわゆる「熱けいれん」という状態です。

また、とつぜん汗が止まる場合もあります。ナトリウム分をこれ以上低下させないために、体が汗を止めてしまうのです。

さらには、手足が冷たくなったりします。これは心臓や内臓などを守るために血液がそちらに集中しようとし、皮膚血管に血液が回らなくなるからです。

そうすると、さらに熱がこもり、とんでもないことになります。もはや、動くこともままならない状態です。

場合によっては死んじゃいます(((((;゚Д゚))))

スポーツドリンクなどが有効なわけ

別に某清涼飲料水メーカーや製薬会社の回し者ではありませんが、やっぱりスポーツドリンクは有効です。

なぜなら、ナトリウム分をはじめとするミネラル分が豊富に含まれているからです。

ちなみに、カリウムというミネラル分の一種は、ナトリウムを体外に排出するときに作用します。このカリウムは人間の細胞に多く含まれています。これも、汗を大量にかいたときに失われやすいといわれています。

大量に汗をかいた状態で水分ばかりを補給すると、かえって脱水症状を引き起こしますので、それを防ぐためにもスポーツドリンクなどはかなりよいのです。

あの味が苦手だという方は、自分で作る経口補水液などのレシピもありますので、早速作ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL:
http://yodohimejinja.com/2017/07/30/8098/trackback