淀姫通信第166号刊行しました

カテゴリ:淀姫日記

淀姫通信第166号淀姫通信第166号


夏のように暑くなったりしたかと思えば、季節がまき戻ったように寒くなったり。なかなか気温の変動が激しい今日この頃です。

体調を整えるのも大変ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

淀姫通信第166号刊行しました

さて、5月頭の刊行日はうっかり飛ばしてしまいまして、今回一ヶ月ぶりの刊行となりました。それでも締め切りから二日遅れ。いやもうすみません。

でも、なんとか刊行しました。

内容は引き続き『古事記』に則って、神話の神々のご紹介です。今回登場したのは、「於母陀流神(おもだるのかみ)・阿夜訶志古泥神’あやかしこねのかみ)」の二柱の神さまたち。

この神さまたちの登場によって、「人体」というものが完成をみたとされています。まだまだイザナギイザナミは出てきません。次回の連載にて登場となります。

そしてもう一つ、「あやにかしこき」という言葉についての小ネタと、「お祓い」「祭り」についての小ネタを掲載しております。

ご興味がおありでしたら下記リンクよりご覧ください。

淀姫通信第166号へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

トラックバックURL:
http://yodohimejinja.com/2018/05/22/8466/trackback